エステのレーザー脱毛のデメリット

日焼けやほくろがある場所は脱毛が出来ない

毛根にレーザー光線を当てることで脱毛をするレーザー脱毛ですが、エステで行う際にいくつか注意点があるので覚えておく必要があります。デメリットとして、日焼けやほくろがある場所は脱毛が出来ないです。その理由はこの脱毛法の原理が関係しており、レーザーは毛根の中にある黒色をしているメラニン色素に狙い撃ちをして焼くという仕組みになります。日焼けやほくろというのは、皮膚の奥にあるメラニン色素が表面にまで現れている状態です。 そのためレーザーを当ててしまうと、毛根に当たらずに皮膚の表面に当たってしまうので脱毛が出来なくなります。さらに毛根ではなく皮膚表面に強いレーザーが当たるので、急激な温度上昇でやけどをするのです。そのため日焼けサロンで日焼けをした後や日焼けをしやすい夏場では、レーザー脱毛は安全を考えて行わないほうが無難といえます。

敏感肌の人は炎症を起こす場合がある

レーザー脱毛は確かに高い効果を発揮しますが、先天性のアレルギー皮膚炎を起こしたことがあるなど皮膚が弱い人も注意がいります。その理由として、強いレーザーが生み出した熱は少なからず皮膚に対して影響を与えるためです。例えば強い熱によって痛みが出るだけでなく、状態によっては低温やけども起こすリスクはあります。 そして脱毛をするということは、これまで毛が守っていたほこりや雑菌に触れやすい環境を作るのです。そのため皮膚が弱い人は、脱毛をした後にほこりや雑菌の影響で皮膚炎を起こす可能性があるのです。これらの問題をクリアするためには、脱毛をした後に問題が起きることを考えて皮膚科を受診できる環境を整えておきます。そのうえで低下した皮膚の防御力を維持するために、皮膚が安定するまでは保湿剤や乳液を使って保護してあげることも重要です。

脱毛は部位によって時間がかかりますが、顔のレーザー脱毛は、短時間で終了するので、仕事帰りに気軽に通えます。