皮膚科のレーザー脱毛のデメリット

痛みが強く出る可能性も

ムダ毛の悩みを解消するために、エステサロンや美容クリニックを利用する人が増えています。施術内容やサロンやクリニックによって違いがありますが、エステサロンでは特殊な光を照射するフラッシュ脱毛、医療機関では医療レーザー脱毛が主流です。皮膚科では出力の高いレーザー脱毛が利用できますが、メリットだけではなくデメリットも知っておきたいところです。まず、エステサロンの施術は出力が弱いため、刺激が少なく痛みもあまり感じないとされています。医療機関で提供されているレーザー脱毛は、より高出力なので実感が早いとされていますが、出力が高い分、痛みを感じやすいのがデメリットです。それゆえ、痛みに弱い人は注意が必要です。施術を申し込む前には、トライアルを利用するなど、長期にも安心して通えるかどうかを確認しておきましょう。

料金が高くなる傾向にある

医療機関で提供されているレーザー脱毛は医療行為になります。とはいえ、美容目的の治療ですので、保険適用はされません。高出力のレーザー脱毛は、永久脱毛の効果が期待できるとされていますが、強力な施術ということもあり、一回の施術料金はエステサロンに比べて高額になる傾向にあります。クリニックによっても料金は変わってきますので、複数のクリニックで比較して相場を知っておくことも大切です。施術の痛みは麻酔クリームなどで抑えることもできますが、麻酔を使うとその分費用が高くなることも知っておきましょう。そして、レーザーは黒い部分に反応しますので、白くなった毛や産毛には反応しにくいという特徴もあります。施術後の肌は普段よりもデリケートになり、乾燥や日焼けが起こりやすいということも知っておきたいところです。

一口にレーザー脱毛と言っても施術に使う機器によって痛みの有無や効果が変わります。レーザー脱毛を銀座で受ける時は、施術の選択肢が多く用意されているクリニックを選ぶことが大切です。